FC2ブログ
メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

腐るというより溶ける

2014/01/12  18:29
0
0
20140112.png
野菜が液状化するとは知りませんでした
jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

先日ワタクシの家ではとうとう新しい冷蔵庫を購入いたしまたした。

別に今まで使っていたものが壊れたわけではありません。

考えてみれば3年ほどワタクシと夫さんは単身者用の小さな冷蔵庫

二人で暮らしてきていたので、

赤ん坊が生まれるにあたって作りおきの必要なども出てきますし、

新しいのを買うか!」と電気屋に向かったのです。


行ってみてびっくり

最近の冷蔵庫はすごいんですのね・・・。

もう魔女の宅急便のばあや状態丸出しです。

扉は観音開きだし大きい割にそんなに高くないし、

別に新製品とかいらないから大体10万くらいのでいいよね~

と夫さんと相談しましたが、その予算内でも十分

いい製品が買えそうです。


最初に目をつけたのが6万4千円の両開き(右からも左からも開けられます)の

冷蔵庫です。

信頼の日本製でスリムでシンプル、なかなかです。

ですが一つネックなのが中段が冷凍庫で野菜室が一番下なところ

野菜室が下だと少々重いものを取り出す時に大変ですので

迷いどころです。

最近のものはほとんど野菜室は中段ですから、この冷蔵庫が

安く残っているのはこれが理由なのではないかと思います。


次に候補に挙がったのは10万弱の右開きの冷蔵庫(冷蔵庫は通常右開きです)。

日本製、野菜室中段、そしてペットボトルが野菜室に2本立てられ、

冷蔵庫から水を入れて製氷できる・・・これはイイ!

ということで「即決の痔ブリール」とあだ名されるワタクシは

すぐにお店の方を呼びました。

しかしすぐに買ってしまおうと思ったところ、以外にも店員の方からSTOPがかかりました。


年間消費電力代は9千円で高めになっていますが
大丈夫ですか?



OUCH!

ワタクシすっかりそのことを忘れていましたわ!

というか最近冷蔵庫を買う人が一番シビアに見るのが、

機能より外見よりこの「年間消費電力代」だそうです。


大体冷蔵庫は10年使うものと考えて、単純計算で電気代が9万円

しかしここで注意しなければならないのが、お店で表示してある金額は

冷蔵庫を閉めっぱなしにしてある状態」での金額ですので、

実際にはその2~3倍はかかります(店員の方の受け売り)。


その店員さんは親切にもだいたい同じスペックと本体値段で、

消費電力代が3千円ほど安い冷蔵庫を紹介してくださったので

そちらにしました。

また、観音開きのも少しいいなと思っていたのですが、

観音開きのは真ん中を開ける分、側面に入れるスペースが狭くなるので

買っていかれる方はよっぽど「真ん中開きがいいッ!」て方ですね
。」

と言われたので、よっぽどではない痔ブリールは普通の右開きのでいいと思いました。


物を買う時は目の前の人参ばかり見ないで長期的視野も持たなければ

いけませんわね。反省の痔ブリールです。

あと個人的には、2016年から電力業界の新規参入が始まりますので、

それによって電気代がどのように変わるかも楽しみでございます。


購入したHITACHI製の冷蔵庫は新製品ではないのにも関わらず人気商品らしいので、

実際に来るのは二十日後辺りになりますが、

今から楽しみでなりません。


思えば今使っている冷蔵庫(今は亡きナショナル製単身者用)にも

様々な思い出があります。

基本的に入る絶対量が少ないので、キャベツなど大きめで傷みにくい野菜は

冷蔵庫の外に転がっていましたし

詰め込みすぎて下敷きになり忘れ去られたきゅうりが

液状化して発見されるなどという悲劇もありました。

冷凍庫は保冷剤とモチですでに満杯状態のをなんとか寄せて入れたり・・・

そんな暮らしとももうオサラバですわね・・・


親や友人に来る度に

二人でこの冷蔵庫はおかしいよ!早く大きいの買いなよ!

と言われていたのも今なら素直に受け取れそうですわ。


実際問題冷蔵庫は大きめのを買っとかないと

母乳を凍らせたりもできませんしね。

ちゃくちゃくと準備を進める痔ブリールでした。




↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。


関連記事

コメント

コメントの投稿