FC2ブログ
メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

寒くて腰までずんと冷えます

2014/02/05  10:28
0
0
jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

昨日は一面の雪景色、今日の朝は溶けかかった雪にサンサンとお日様の光が当たって

いつもより外が明るく見えますわね。


ここ数日更新をお休みしていたのは主に体調のことが原因ですわね。

数日前、ひどい牽引痛(両足の付け根の靭帯が引っ張られて痛む。妊婦にはよくあります)で

苦しんでいたのですが、その痛みが引いた後、

どうも胎動が弱いような気がする・・・

と不安に。


次の日検診だったので救急に電話しようか少し悩みましたが、

結局連絡し、病院に行って見てもらうことに。

その日は赤ん坊の心拍数、子宮までの長さ、羊水の量をチェックしましたが、

特に問題なし。

ただし子宮頚管が少々短め、でも問題がある程ではない、とのこと。


しかし次の日の検診の日、

その日も念の為に心拍数チェックと、お腹が張っているかどうかのチェックをしたのですが、

どうもお腹が張り気味のよう。

自覚症状はほとんどありませんでした。


一応張りどめのウテメリンという薬を出してもらい、

家で安静にしていることを言い渡され帰宅。


張ってるのかーそうかー

でも薬もらってるから大丈夫だよねー

と気楽に考えていたら、

夜中(おそらく夜の分の薬の効果が切れる頃)に目が覚めて、

お腹が石のように固くなっているのに気づきます。

カッチカチです。


妊娠初期の時もお腹が張って入院しましたが、

その時と比べ物にならないほど硬くなっていました。

ほっとくわけにはいかないので、

胃の保護のため牛乳を一杯飲んだあとにウテメリンを1錠のみ

後はまた寝転がり静かにしていると、

固くなっている子宮が段々と柔らかくなってくるのがわかり、ほっと一息。


それ以降、薬を飲みつつほとんど寝て過ごし、

今は「ブログを書こう」と思うくらいには元気が出た、といったところです。


胎動が弱くなっていたのも、薬の効果で子宮が張らなくなったら元に戻ってきて、

今日も傍若無人にお腹の中でうごめいております。


そんなこんななので、体調を気にしつつぼちぼち更新したいと思います。

見てくださっている方、いつもありがとうございます。

痔ブリールでした。



ちなみに何故痔ブリールが「胎動が弱くなったこと」を気にしているかというと、

それが「切迫早産」の印かもしれないからですわね。

妊娠初期の頃は同じ症状がでても切迫流産と言いますが、

もう中期後半、後期に入ると切迫早産というようになります(細かく言うと22週~です)。

主な自覚症状は以下のようなもの

・お腹が頻繁に張る
・出血がある
・胎動が弱くなる、また感じなくなる


これらは本来出産間近になると自然に起こってくる症状なのですが、

まだ臨月になっていないのに起きるようだったら要注意ということです。


いま妊婦の方も、何か不安があったらすぐに電話することをおすすめしますわ。

それでは。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。


関連記事

コメント

コメントの投稿